ジュエリー,シューズ,バッグ,ウォッチの各分野に特化した"モノづくり"の技術習得を目指す専門学校

  • 【東京校バナー】ヒコブログ
  • 【東京校バナー】ウォッチコース 時計の学校ブログ
  • 【東京校バナー】キャリアスクール
  • 【東京校バナー】再進学のおすすめ
  • 【東京校バナー】twitter
  • 【東京校バナー】LINE
  • 【東京校バナー】体験入学を動画でチェック
  • 【東京校バナー】高校生デザインコンテスト

ジュエリーコース(2年制・3年制・4年制)

ジュエリーコース(2年制・3年制・4年制)

目指す仕事や学びたい技術に合わせて選べるコース設定

選べるコース

※2年進級時、入学時に選択したコースを再選択することができます。

1年次共通カリキュラム

DESIGN

金属や宝石の描き方から発想力を鍛えるトレーニングなど、アイデアをみつけ、伝えるチカラを身につけます。

PICK UP

  1. スケッチトレーニング

    鉛筆の持ち方や立体表現のテクニックからスタート

    スケッチトレーニング
  2. 図形からの展開

    身の回りのものをヒントにデザインをリサーチ。

    図形からの展開
  3. 宝石表現

    石の輝きや透明感をしっかり表現します。

    宝石表現
DESIGN矢印

MAKING

切る、削る、接合する。金属加工技術を基礎から学び、アイデアをカタチに造形力を養います。

PICK UP

  1. 平打ち・甲丸リング

    シンプルなリングで金属加工の基本を学習。

    平打ち・甲丸リング
  2. ソリテールリング

    入学して3ヶ月目で宝石を留めたリングが完成!

    ソリテールリング
  3. オリジナルストーン
    ジュエリー

    自分で研磨した宝石を使用し、ジュエリーを制作。

    オリジナルストーンジュエリー
MAKING矢印

1年次最終課題
ジュエリーコンペティション

規定の宝石を使ってオリジナルデザインを考案し制作。
完成した作品はギャラリーに展示し、講師や学生による人気投票を行います。

  1. 1年次最終課題 1
  2. 1年次最終課題 2
  3. 1年次最終課題 3
  4. 1年次最終課題 4

ジュエリー
プロダクトコース(2年制)

ジュエリープロダクトコース

最短期間で、
即戦力となる人材を目指す

コースポイント

  1. ・2年間で専門技術を修得
  2. ・目指す仕事に合った科目を選択
  3. ・ビジネスの場を想定したカリキュラム

主なカリキュラム

ワックス造型テクニック / PCを使ったデザイントレーニング / ブライダルジュエリー
/ 石留めテクニック / 量産テクニック/ 商品企画 / K18ジュエリー / オーダージュエリー
/ ビジネススキル / 宝石学応用 / MYブランド / リフォーム ジュエリー
/ ショッププランニング / イメージブック制作 / 3Dモデリング / パッケージデザイン

  1. ワックス造型テクニック

    もっともポピュラーな制作技術ロウソクのロウと同じような特性をもつワックスを使えば、複雑なデザインも実現可能。 モチーフの繊細な表現から、企業試験対策の規定課題まで、幅広いワックス造型を学びます。

    ワックス造型テクニック
  2. オーダージュエリー

    ターゲットが求めるジュエリー
    デザイン
    インタビュー形式でお客様のニーズを探り、オーダージュエリーをデザインします。 商品開発の基本であるマーケティングのノウハウ、オーダーメイドに対応できるデザイン技術を修得。

    オーダージュエリー
  3. ショッププランニング

    実践的にビジネススキルを学ぶジュエリーショップを自ら経営することを想定し、コンセプトに合わせた内装、ディスプレイ、店舗運営計画、商品を提案。パワーポイントを用いたプレゼンテーションスキルも学びます。

    ショッププランニング

※カリキュラムは毎年見直されます。

ジュエリー
クリエーターコース(3年制)

ジュエリークリエーターコース

専門分野を追求する

コースポイント

  1. ・つくりたいモノに特化した専攻で学ぶ
  2. ・アイデアをさらに広げ、
    追求するカリキュラム
  3. ・プロの視線で評価してもらえる
    チャンスが豊富
ハイジュエリー専攻

ハイジュエリー専攻

宝石の輝きや美しさを最大限にいかした
ジュエリーを制作。高度な石留め技法や彫り、
華やかさを演出する七宝技法などを巧みに操り、
新しい高級ジュエリーをクリエートします。

主なカリキュラム

カラーストーンネックレス(K18ホワイトゴールド・Pt900プラチナ)
/ 石留めテクニック(彫り留め・マス留め・パヴェ留め) / パールイヤリング / 七宝技法
/ 宝飾展示会 / 商品企画・制作 / コレクションジュエリー / 展示会
/ リフォームジュエリーデザイン / ブライダルジュエリープランニング
/ コンペティションデザイン / CAD応用 / ポートフォリオ制作 / 卒業制作

  1. パヴェ留め

    宝石を美しく飾るハイジュエリー制作の一番のポイントである石留め。 「パヴェ」とは、フランス語で「石畳」の意味。小さな宝石を石畳のように隙間なく敷き詰めてジュエリーを制作します。

    パヴェ留め
  2. 七宝技法

    華やかな色彩を演出約800℃の電気炉でガラスの粉を金属に焼きつける七宝技法。 この技を使えば、複雑な曲面もカラフルに彩られた華やかなジュエリー制作が可能になります。

    七宝技法
  3. コレクションジュエリー

    デザインと制作の連動課題自分のコレクションをシリーズとして複数点デザインし、
    その中から一点の作品を実作。デザイン画に基づいて制作するので、デザイン知識と高い制作技術が必要となります。

    コレクションジュエリー

※カリキュラムは毎年見直されます。

シルバーアクセサリークラフト専攻

シルバーアクセサリー
&クラフト専攻

日本の伝統的な工芸技術からシルバーアクセサリー制作に不可欠なワックスまで、幅広い制作テクニックを修得。 オリジナルブランドを確立し、
外部に発信するチャンスが多いのも特長です。

主なカリキュラム

ワックスカービング / ワックス石留めペンダント / メタルワーク(木目金・打ち出し・色金)
/ カラージュエリー / レザーアイテム制作 / 展示販売会のためのブランド企画
/ PCデザイン / 量産テクニック / エレクトロフォーミング / MYブランド商品企画
/ カタログ・販促物企画制作 / コンペティションデザイン / 学外展示販売会 / CAD応用
/ ポートフォリオ制作 / 卒業制作

  1. 打ち出し

    日本に伝わる金属表現金属板を叩いて立体的に成形する鍛金技法。
    必要な大きさ・形に合わせた工具加工も行っていきます。 伝統的な金属工芸技法を修得し、独創的なジュエリー創作にいかします。

    打ち出し
  2. カラージュエリー

    カラフルに着色した金属チタンやアルミニウムを電気分解による表面加工で着色し、オリジナルジュエリーを制作。 シルバーやゴールド以外の
    金属についても学び、ジュエリーの可能性を広げます。

    カラージュエリー
  3. 学外展示販売会

    在学中からブランドデビューオリジナルブランドのデビュー第1歩となる作品展示販売会。 商品として販売することを前提とした作品制作を行います。業界の方が来場し、その場で商品の受注契約を交わす学生もいます。

    学外展示販売会

※カリキュラムは毎年見直されます。

ファッションアートアクセサリー専攻

ファッションアート
アクセサリー専攻

アクセサリーを通して人の個性をいかに表現するかを探求。
貴金属や宝石だけでなく、ガラスや樹脂などさまざまな素材を使い、ファッションとアートを融合させた新感覚のジュエリー制作に挑みます。

主なカリキュラム

マテリアルリサーチ / BOOKデザイン / 素材研究 / 機能をもったジュエリー
/ 3カラーブローチ / 海外作家ワークショップ / 画像からのジュエリーデザイン
/ ゴールドリング / ファッション概論 / コレクション作品制作
/ アクセサリーショー(展示会作品制作) / 商品企画提案 / 外部販売会 / CAD応用
/ ポートフォリオ制作 / 卒業制作

  1. マテリアルリサーチ

    素材の可能性を探求する身の回りにある何気ない素材の質感や色、カタチからインスピレーションでジュエリーを制作。 完成した作品のアルバムも制作し、効果的なレイアウトテクニックを学びます。

    マテリアルリサーチ
  2. 3カラーブローチ

    素材・カタチ・構造を捉える決められた色をテーマに、素材や形状の違うブローチを制作。 また、身につけた時にもっとも美しい位置を保てるよう、重さや素材に合わせたオリジナル金具も提案します。

    3カラーブローチ
  3. アクセサリーショー(展示会作品制作)

    主役はジュエリーテーマに合わせ作品を制作し、外部会場にて展示します。
    さらにアクセサリーが主役のファッションショーを開催。
    企画や運営などの全てを学生が担当し、毎年大盛況のショーとなります。

    アクセサリーショー(展示会作品制作)

※カリキュラムは毎年見直されます。

アドバンスド
ジュエリーコース(4年制)

アドバンスドジュエリーコース(4年制)

最高峰の技を修得する

コースポイント

  1. ・「高度専門士」対象コース
  2. ・幻といわれる技法で希少性の高い
    作品制作が可能
  3. ・日本発のメゾンジュエラーを目指す

主なカリキュラム

石留めテクニック / ゴールドリング / メタルワーク(象嵌・打ち出し・色金) / 洋彫り
/ ニエロ / グラニュレーション / フィリグリー / 宝石学応用 / 学外展示販売会
/ 海外作家ワークショップ / カービングテクニック
/ 七宝技法研究(シャンルベ・バスタイユ・プリカジュール・ミニアチュール・クロワゾネ)
/ ストーンカッティング / 外部コンクール応募デザイン / CAD応用 / ポートフォリオ制作
/ 卒業制作

  1. グラニュレーション

    手仕事へのこだわり極小の金属粒子で独特の立体感を装飾する技法。 火を起こすことさえも大変だった紀元前に生まれたこの技を、金属粒子をつくる工程から再現します。

    グラニュレーション
  2. フィリグリー

    希少な技への挑戦極細の金属線を溶着させて模様をつくり出す難易度の高い技法。 日本にも約400年前から、別名「江戸細工」として伝わっています。現在伝承する職人は大変少ない希少な技法です。

    フィリグリー
  3. カービングテクニック

    造形の技シェル(貝)、コーラル(珊瑚)、アイボリー(象牙)などを彫刻するテクニックを修得。 アンティークジュエリーでよく見られるこの技術を使い、現代のオリジナルカメオを制作します。

    カービングテクニック
  4. ストーンカッティング

    宝石に独自の輝きを卓越した技をもつ職人は、宝石にも装飾を施し、オリジナリティを発揮します。 独自のカッティングやカービングに挑戦し、光の屈折をも自在に操るジュエリーを創作します。

    ストーンカッティング

※カリキュラムは毎年見直されます。