ジュエリー,シューズ,バッグ,ウォッチの各分野に特化した"モノづくり"の技術習得を目指す専門学校

  • 【東京校バナー】ヒコブログ
  • 【東京校バナー】ウォッチコース 時計の学校ブログ
  • 【東京校バナー】キャリアスクール
  • 【東京校バナー】再進学のおすすめ
  • 【東京校バナー】
  • 【東京校バナー】twitter
  • 【東京校バナー】LINE
  • 【東京校バナー】体験入学を動画でチェック
  • 【東京校バナー】高校生デザインコンテスト

バッグコース(2年制)

バッグコース(2年制)

1年次カリキュラム

DESIGN

基本的なデザイン画の描き方から、コラージュ展開、造形学など、発想からデザインまでを体系的に学習します。 また、イメージ通りに美しく仕上げるために必要な原寸図面、パターン制作の基礎も身につけます。

PICK UP

  1. デザインドリル

    デザイン画・仕様書・線画など、デザインの基礎を学ぶ。

    デザインドリル
  2. ペーパーバッグ

    紙の素材と特徴を理解し、平面から立体を発想する力を養う。

    ペーパーバッグ
  3. CADによるデザイン

    3Dモデリングとして汎用性の高い「ライノセラス」の基礎テクニックを学ぶ。

    CADによるデザイン
DESIGN矢印

MAKING

サイズやデザインに加え、皮革、布、ナイロンなど使用素材の種類が多岐にわたるバッグ。
規定課題を通し、あらゆる形状や素材に対応するパターンと縫製テクニックを学びます。

PICK UP

  1. 鞄分解・
    課題提出袋制作

    鞄の分解や課題袋の制作を通して、ミシン・工具の使い方などの基礎技法を学ぶ。

    鞄分解・課題提出袋制作
  2. ボストンバッグ・
    ショルダーバッグ

    ポケットの制作や内装の構造・組立ての理解を深める。美錠制作にも挑戦。

    ボストンバッグ・ショルダーバッグ
  3. 同一パターンの
    トートバッグ

    規定のパターンから、素材や、ディテールなどをオリジナルにアレンジ。

    同一パターンのトートバッグ
MAKING矢印

1年次最終課題
オリジナルバッグ制作

与えられたテーマからアイデアを展開し、バッグとしてカタチにしていくプロセスを体得します。
完成した作品は、ファッションショー形式で発表。

  1. 1年次最終課題 1
  2. 1年次最終課題 2
  3. 1年次最終課題 3
  4. 1年次最終課題 4

バッグメーカーコース
(2年制)

バッグメーカーコース(2年制)

2年間でバッグメーカーに
必要な基礎知識、技術を体系的に学ぶ

コースポイント

さまざまなバッグのデザイン・制作技術を中心に、原寸図面の描き方やマテリアル知識、マーケティングのノウハウなどプロのバッグクリエーターに必要なスキルを体系的に学びます。また、オリジナル金具の制作や人間工学、企業コラボレーションなど、一歩先行くクリエーターを目指すためのプロジェクトも満載です。

【2年次】主なカリキュラム

バッグデザイン&製図

デザイントレーニング応用 / PCトレーニング(ポートフォリオ制作)
/ 3D CADデザイン応用 / 原寸図面の応用 / 外部販売会 / 卒業制作

アドバンスドクリエーション

人間工学講義および実地検証 / マーケティング概論 / トレンドリサーチ
/ ブランドプランニング演習 / 外部販売会 / 業界セミナー / 鞄工場訪問

パターン&メーキング

基礎フォルムの構造からパターンの応用(クラッチバッグ/ハンドバッグ)
/ さまざまな持手制作 / 小物制作(二つ折り財布) / ターゲットのためのバッグデザイン制作
/ 皮革絞りを用いたバッグ制作 / 立体縫製演習(ボディーバッグ制作) / 卒業制作

PICK UP

  1. ハンドルと本体の構造

    美しさの追求“運ぶ”という役割を一番に果たす持ち手。その形状によってもバッグ全体の印象は大きく変化します。 ここでは、まずハンドルのデザインを考案し、その形状に合わせて全体のフォルムを構成。細部にまでこだわり抜いたバッグデザインにいかします。

    ハンドルと本体の構造
  2. 自由に曲面を表現する技術

    応用力を身につける革の柔軟性、展性を利用し、縫製することなく一枚革を立体的に成形する「絞り技法」を習得。 革を“引っ張る”“伸ばす”といった作業により、ふくよかな形状や中空のフォルムの表現が可能になります。

    自由に曲面を表現する技術
  3. 人間工学に基づいた
    バッグ制作

    バッグの機能にも着目重いものを持つときの姿勢や筋肉の反応、負荷軽減のための重量バランスや形態など、 身体とバッグの関係性について実地検証を行い、機能性を考慮したデザインの展開方法を学びます。

    人間工学に基づいたバッグ制作

※カリキュラムは毎年見直されます。