ジュエリー,シューズ,バッグ,ウォッチの各分野に特化した"モノづくり"の技術習得を目指す専門学校

  • 【東京校バナー】ヒコブログ
  • 【東京校バナー】ウォッチコース 時計の学校ブログ
  • 【東京校バナー】キャリアスクール
  • 【東京校バナー】再進学のおすすめ
  • 【東京校バナー】
  • 【東京校バナー】twitter
  • 【東京校バナー】LINE
  • 【東京校バナー】体験入学を動画でチェック
  • 【東京校バナー】高校生デザインコンテスト

再進学で“なりたい自分”を実現!

社会人・専門・短大・大学生の皆さまへ 再進学のおすすめ

「手に職」で好きを仕事に!

業界ニーズに対応した実践的カリキュラム、個性豊かな講師陣、約8,000名の卒業生ネットワーク。専門的な技術が学べるヒコには“なりたい自分”を目指して頑張っている再進学者の方がたくさんいます! 自分の可能性を信じるのも、自分の未来をつくるのも、全てはあなた次第。遅すぎるチャレンジなどないのです。自分の手で夢をかなえてみませんか?

本気でかなえたいと思う「今」が、その時!

ものづくりに特化した専門学校である本校は、開校以来90%以上の就職実績を維持。
学校法人立認可の専門学校であること、学校に届く求人の70%以上がヒコ限定であることなど、
本校ならではの強みが夢の実現をサポートします。

2016年3月卒業生(日本人)就職内定率

ジュエリーコース95.8%
シューズ・バッグコース100.0%
ウォッチコース100.0%

自立進学も可能、学費サポート制度

夢を実現を目指す方を応援する学費サポート制度も充実。
学費を自己負担でとお考えの方も、安心して学校生活を送ることができます。

●再進学奨励金制度

採用された場合、前期学費が30万円減免になります。

●日本学生支援機構の奨学金

入学後、毎月3~12万円の奨学金を受けることができます。

●日本政策金融公庫の教育ローン

入学前の準備金が足りない場合など、まとまった金額の融資を受けられます。

※他にも奨学金、各種教育ローン、分納制度などの利用も可能。
学費面であきらめる前に、まずは入学相談室までご相談ください。

入学者の2人に1人が再進学者です

手に職が求められている今、入学者の年齢層も広がりを見せています。
入学までの経歴が違っても、みんな“モノづくりが好きな仲間”。日々刺激し合いながら夢にむかって学んでいます。

  1. 平山 実穂 さん(29歳) ジュエリーアイコン
    ジュエリープロダクトコース 1年
    平山 実穂 さん(29歳)
    自作アクセ販売→ジュエリーコース
    Q1.再進学しようと思ったきっかけは?
    大学卒業後、アクセ制作を始めてネットやデパートの催事、イベントなどで販売をするようになりました。ただプロに近づくにつれ、もっと多くの知識や技術が必要なことを痛感して、学校で専門的に学ぶことを決めました。
    Q2. 再進学して良かったことを教えてください。
    いろいろなセミナーなどで作家さんのお話が聞けたり、作品が見れて、自分にはない発想に触れることができました。自分の作る作品のデザイン面や技術面も、目に見えて変化してきていますね。良い作品をつくれるように、もっともっと訓練したいです。
  2. 亀井 悠暉 さん(23歳) ジュエリーアイコン
    ジュエリークリエーターコース
    シルバーアクセサリー&クラフト専攻 2年
    亀井 悠暉 さん(23歳)
    プリンター会社勤務→ジュエリーコース
    Q1. 再進学しようと思ったきっかけは?
    工業高校卒業後、プリンター製造の会社に勤めていましたが、大好きだったシルバーアクセサリーにハマって、ブランドや制作方法を調べるようになったんです。そのうちに「消費者」から「生産者」になりたいと思うようになり、入学を決断しました。
    Q2. 実際に授業を受けてみての感想は?
    いろいろな先生がいるので、同じことを聞いてもいろんな答えが返ってくるのが面白いです。また家でも作業できることもあるので、努力すれば自身でも力をつけることが可能なことにやる気が湧きましたね。学生生活をどう過ごすかで大きく変わることを実感しています。
  3. 東 満里奈 さん(24歳) ジュエリーアイコン
    ジュエリークリエーターコース
    ファッションアートアクセサリー専攻 2年
    東 満里奈 さん(24歳)
    大学生→ジュエリーコース
    Q1. 再進学しようと思ったきっかけは?
    もともとものづくりが好きで、大学在学中にも彫金スクールに通っていました。そこで学ぶうちに、金属以外でも、いろいろな素材を使って作品を作りたいと思うようになったのが大きなきっかけです。再進学を決意してからはアルバイトをしながら学費を貯めました。
    Q2. これから再進学を目指す方にメッセージを。
    再進学でかかる費用は決して安くはありませんが、好きなことを仕事にする、私の一生を築くための自己投資だと思っています。大変だけど、それができるのは幸せなことですよね。やりたいことのためならという強い気持ちが、いつも私の支えになっています。
  4. 前田 数貴 さん(25歳) ジュエリーアイコン
    ジュエリークリエーターコース
    ハイジュエリー専攻 3年
    前田 数貴 さん(25歳)
    大学生→ジュエリーコース
    Q1. 再進学しようと思ったきっかけは?
    大学時代の留学をきっかけにジュエリーの世界に興味を持ちました。「都市の大きな交差点には必ずジュエリーショップがある」、「同じ素材や石なのに国によってデザインが大きく変わる」など。当時、特に将来の夢も無かった私にはとても刺激的なものでした。
    Q2. 再進学して良かったことを教えてください。
    たくさんの同じ夢を持った仲間に出会えたことです。また、留学生など国籍もさまざまな人たちとの交流もあり、日本のジュエリー事情だけでなく、世界中のジュエリーの情報を聞くことができて勉強になりました。
  5. 野々宮 健斗 さん(25歳) シューズアイコン
    シューメーカーコース 2年
    野々宮 健斗 さん(25歳)
    フリーター→シューズコース
    Q1. 再進学しようと思ったきっかけは?
    映画で使われる衣装などに興味を持ったことがきっかけです。それまでは普段あまり足元は気にかけなかったのですが、興味を持つようになってからは必ず靴に目がいくようになりました。
    Q2. 実際に授業を受けてみての感想は?
    いろいろなことにチャレンジできる場がたくさんあるので、やりがいがありますね。自分の知らないことを学べる機会が多いことと、周りの人達に比べて自分に何が足りないのか?など、より正確な今後の目標を据えられたことが、良かったと感じています。
  6. 吉江 杜萌 さん(23歳) シューズアイコン
    シューメーカーマスターコース 2年
    吉江 杜萌 さん(23歳)
    大学生→シューズコース
    Q1. 入学前に心配だったことは?
    靴制作やデザインは全く経験がなかったのでついていけるかが心配でしたね。今でも制作の授業はちょっと苦手ですが、最近では「私って意外と靴のパターンをとるなど、設計を考えるのが好きなんだ」と気付く余裕も出てきました。
    Q2. これから再進学を目指す方にメッセージを。
    再進学をしても今までの経験は無駄にはなりませんし、年齢差や国籍、経験の差などもたいして気になりません。どんなタイミングでも思い切って新しいこと、自分のやりたいことに挑戦してみるのも良いのではと思います!
  7. 堀口 翔馬 さん(23歳) シューズアイコン
    バッグメーカーコース 1年
    堀口 翔馬 さん(23歳)
    大学卒業後アルバイト→バッグコース入学
    Q1. 再進学しようと思ったきっかけは?
    美術大学で工芸科に通いクラフトを学んでいました。そのため、いろいろなものを観る機会が多く、そのうち革へ魅力を感じるようになり、それを仕事にしたいと思い始めたんです。再進学の学費は、大学卒業後1年間アルバイトをして貯めました。
    Q2. これから再進学を目指す方にメッセージを。
    ヒコの先生たちは面白くて面倒見が良いので、とても和気あいあいとした環境で、ものづくりを学んでいます。クラスメイトも多国籍で、聞ける話はいつも新鮮だし、思っている以上にいろいろな体験ができました。密度の濃い時間を過ごせるので、充実した毎日が過ごせますよ!

学校、お仕事帰りに学校見学にお越しください!

毎月土曜に開催する学校説明会のほかにも、学生の方や社会人の方でもじっくり見学ができるように、個別見学を受付しています。(17時以降の個別見学をご希望の方は直接ご連絡ください。)
カリキュラムについてはもちろん、学費・奨学金についてなど、個別でじっくりご相談いただけます。
ぜひお気軽にお立ち寄りください。